給食

CISはシーザースキッチンとパートナーシップを結んでいます。

シーザースキッチンは、これまで日本人や他国籍のたくさんのお客様に食事を提供してきており、そのブランド力は国際的なコミュニティにおいて、フードサービス業界のリーダー的存在として広く知れ渡り、一目を置いています。
シーザースキッチンはお客様に最高の料理とサービスを提供することに誇りを持っています。

CISでの食育

シーザースキッチンは、食事と子供たちの教育の質は密接に関係していると考えています。彼らは、生涯にわたる健康的な食習慣を促進しながら、体と心を強化する食事とサービスを提供することに努めています。
彼らの国際的なアプローチは、日本において専門性に特化した強みを持っています。シーザースキッチンはCISとともに、学校規定と文化に適した食事プログラムを施行する一方で、栄養バランスの取れた、世界中のおいしい食事を提供していきます。

キッチンの方針

シーザースの企業理念はいたってシンプルです。顧客の要望やニーズに合わせカスタマイズしたサービスと、愛情と情熱を注いだ料理です。できるだけ新鮮な食材を使って、1から調理することを心がけています。CISのキッチンには経験と実力のあるシェフが在籍しており、お客さまに、1から手作りのおいしい料理を情熱をもってお届けすることをお約束をいたします。
下記の企業方針は最高品質の食事を生徒様と従業員の方に提供することをお約束するため作成しました。

  • 高い技術を持ったシェフが、調理の段階からメニューの細かい点にいたるまでを監修します。
  • 手作りでこそ、お客様に、より健康的かつ美味しい料理を提供できます。
  • CISのニーズにあわせたメニューを提案します。生徒様が毎日ハラールメニュー、ベジタリアン向けのメニューをご希望されても、できる限りお応えできるよう、最大限の努力をします。
  • 繰り返し同じメニュー構成を使用しません。シーザースではCISの為に毎月新しいメニューの開発を行うと同時に、人気のあるメニューを組み合わせた月々のメニューを作成しています。
  • 野菜は鮮度を保つため、少量ずつ調理します。最後のお客さまが食事をされるまでシェフは新鮮で良質な食事を提供することに集中します。
  • MSGを調理に使用しません。
  • パーム油、ピーナッツ油を調理に使用しません。
  • ピザソースやパスタソース等のソース類は手作りをします。
  • ベジタリアン食のオプションも毎日ご用意しています。
  • 牛肉はオーストリア産を使用し、冷凍ではなくチルド肉を使用します。
  • バーガーパテは100%オーストラリア牛のランプともも肉を使用します。
  • 調理にはナチュラルチーズのみ使用します。
  • クッキー、マフィン、パンなどベーカリーアイテムはできるだけ毎日手作りで、出来立てを提供します。
  • アレルギー食品の扱いには細心の注意を払います。

NewsPage Top